2006年06月09日

6/6日のレッスン 全仏オープン

だいぶ日にちがたってから書くようになってしまっています。これは駄目だ。

軽いボレーを相手の足元に落として、打たせてから決めるという練習。この軽いボレーというのが難しい。素直に早いボレーを打つより難しい。

早くボレーが打てる状態ならそっちで打つのが基本で、相手に打たせる方法は一つのスパイス的な位置づけで。レッスンのためのレッスンになってしまわないように注意。

決められるものを、あえて相手に打たせるのはテニスのレッスンで使ってしまう手法だが、試合を想定して有効かどうかの判断を持っておかないといけないという説明もあった。



全仏オープンが大詰めになってきました。応援していたヒンギスも敗退。シャラポワも足首に故障を抱えていてベストなテニスできずに敗退といった感じで役者がそろわないまま。
昨日のクラィシュテルス VS エナン の試合は圧倒的にエナンの優勢で40分ぐらいに試合が終わるとういう拍子抜けの試合だった。

あとバイディソバ応援していたんだが、クズネツォワが勝利。
勝ってたのにね。逆転マケ。残念。
posted by テル at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
小浦武志 今田信宏 アスタリフト 八田永子 藤城博
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。