2008年09月01日

錦織圭がフェレールを下す!!

全米オープンテニスで、錦織圭がなんとフェレールに勝ってしまいました。

2セットまで連取して、あっさり勝ってしまいそうな雰囲気でしたが、そうは簡単にはいかず2−2で最終セットへ。

先にサービスをブレイクされ、一時厳しい雰囲気が漂いましたが、すぐにブレイク仕返し、タイブレイクに行くかと思いきや、7−5で勝ってしまいました。

3時間以上かかったハードな試合で、錦織は足が痙攣したらしくメディカルタイムアウトをとったり、試合中何度もストレッチしたり。
途中で棄権するかと思いながら見ていた人も多いはず。

全米4回戦進出は日本男子では71年ぶりで、4大大会では、松岡修造の95年ウィンブルドンベスト8入り以来。

すごい試合だったのですが、残念ながら見たのは録画(ダイジェスト版)で、しかも結果をニュースで見て知ってしまった後だった・・・。

まあでも3時間も見てられないからこれでいいでしょう。

次の4回戦は、錦織より一つ上の19歳のフアンマルティン・デルポトロ
との試合で、これに勝つとベスト8になる。

楽しみですね。
【関連する記事】
posted by テル at 16:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 錦織圭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
錦織圭すごいなぁ!デルポトロには負けてしまったけどこれからも楽しみだよね!ハードコートが得意サーフェスなのかなぁ?
Posted by aki at 2008年09月06日 12:51
錦織が活躍すると男子テニス中継時間が増えてうれしいなぁ。
でも4大大会は今年は終わりだけど。
Posted by イワ at 2008年09月07日 14:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
小浦武志 今田信宏 アスタリフト 八田永子 藤城博
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。