2008年01月29日

メディバンク・インターナショナルではエナンが勝った

ソニー・エリクソン・チャンピオンシップというツアーが、毎年11月にあって、ついこの間の2007年度はスペインのマドリードで行われています。

今日、なんとなくテレビのGAORAを見てみると、エナンとイワノビッチが対戦していました。準決勝でした。

スポンサーのソニー・エリクソンって看板があったのでソニー・エリクソン・チャンピオンシップだと思ったいたら、メディバンク・インターナショナルという大会だった。

この大会は、全豪オープンの1週間前に、その開催地のシドニーで行われたようで、全豪オープンの前哨戦の意味もあり試合だった。

結果は、エナンが勝って決勝に進出したようだが結果は堂だろうか。

全豪オープンではまさかの準決勝敗退になりましたが、直前の調子は悪くなかったようですね。

posted by テル at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

ジョコビッチ優勝!

ノバク・ジョコビッチが全豪オープンテニスで初優勝しました。

セルビア人として初めての優勝。

レシーブがすばらしい。大物フェデラーを準決勝でストレート勝ちで破り、フェデラーをして「なにもテニスをさせてもらえなかった」といわせしめたすばらしいプレーでした。

セルビアにはハードコート自体ないという環境だそうで、すごい快挙です。女子でも同じセルビアのアナ・イワノビッチが決勝に進出、おしくもシャラポアに負けましたが、セルビア本国では今大会お祭り騒ぎだあそうです。

ジョコビッチはグランスラム大会13度目の出場での初栄冠だそうです。

対戦相手のツォンガもすばらしかった。

準決勝でナダルをストレートで破っての決勝進出。ノーシードでここまで勝ち上がってすばらしい結果を残しました。

ジョコビッチは表彰式中で、観衆がツォンガの応援が多かったことをスピーチしてましたね。

でも、このメルボルンには数万人のセルビア人が住んでいるそうで熱狂的は応援もあったようです。

もともとオーストラリアは旧東ヨーロッパからの移民が多いそうです。


今回新しいテニスの風が入ったといえるでしょう。若い彼らがフェデラー、ナダルらの旧勢力をおしのけ、新たに台頭するのだろうか、それとも巻き返されるのか。

これからますます楽しみになります。

ただ、残念ながら次のグランドスラム大会のローランギャロスまで見られないわけですが^^。


posted by テル at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
小浦武志 今田信宏 アスタリフト 八田永子 藤城博
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。