2010年06月12日

ナダル全仏で復活!

ナダルが全仏で優勝した。

やっとナダルが登場。
ずいぶん久しぶりだった気がする。
まるでフェデラーの偉業を達成するのを待っての復活のような。
去年頑張ってほしかった。。。

フェデラーが決勝に行くまでに消えてしまったけど、
歴史的記録達成でモチベーションが以前ほどではないのも一因なのではないかな。

とにかくナダルは芝に慣れるために、すぐにエイゴン選手権に出場。
ウインブルドンも優勝してほしいですね。

さて今日からサッカーのワールドカップが始まりますが。
テニスの話題はそのあとからですね。


posted by テル at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

錦織圭がフェレールを下す!!

全米オープンテニスで、錦織圭がなんとフェレールに勝ってしまいました。

2セットまで連取して、あっさり勝ってしまいそうな雰囲気でしたが、そうは簡単にはいかず2−2で最終セットへ。

先にサービスをブレイクされ、一時厳しい雰囲気が漂いましたが、すぐにブレイク仕返し、タイブレイクに行くかと思いきや、7−5で勝ってしまいました。

3時間以上かかったハードな試合で、錦織は足が痙攣したらしくメディカルタイムアウトをとったり、試合中何度もストレッチしたり。
途中で棄権するかと思いながら見ていた人も多いはず。

全米4回戦進出は日本男子では71年ぶりで、4大大会では、松岡修造の95年ウィンブルドンベスト8入り以来。

すごい試合だったのですが、残念ながら見たのは録画(ダイジェスト版)で、しかも結果をニュースで見て知ってしまった後だった・・・。

まあでも3時間も見てられないからこれでいいでしょう。

次の4回戦は、錦織より一つ上の19歳のフアンマルティン・デルポトロ
との試合で、これに勝つとベスト8になる。

楽しみですね。
posted by テル at 16:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 錦織圭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

錦織圭2回戦勝利!

今日、錦織圭の試合を見ていました。2セット連取後、対戦相手ロコ・カラヌシッチ(25=クロアチア)が危棄権して勝ちましたね。
20080829-00000987-reu-spo-view-000.jpg


試合自体じっくり見ていなかったのですが(いつもそう。テレビをつけているだけ。)最後カラヌシッチが握手せずにベンチに下がったので、何かトラブル?って思ったが、棄権を審判に告げに行ってたんですね。

試合は錦織が圧倒していましたね。調子よさそうです。ショットの精度が抜群。
初戦では両足をけいれんがあったそうですが、この試合では全く不安なかったようです。

何気なく見ていましたが、全米男子3回戦進出は、日本人選手としては、なんと73年神和住純以来35年ぶりだそうです。

4大大会としても、95年ウィンブルドンの松岡修造ベスト8以来というから・・・男子テニスって低迷していたのを改めて感じさせられますね。

それに引き換え、杉山愛は淡々と3回戦突破。北京5輪じゃないですが女子は強し!

錦織は4回戦に進めば、トップ100復帰は間違いなく(現在126位)、99位の自己最高位更新がほぼ実現するでしょう。

もっと沢山男子選手には頑張ってもらって、男子テニスの中継時間が増えればいいと思うこの頃ですが。
posted by テル at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦織圭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

北京オリンピック フェデラーダブルスで優勝

テニス放送が断然少ないオリンピック中継。日本人選手が少ないので仕方ないですが。

それでも、男子シングルス決勝をVTRで放送しているのを見ました。

カードはナダル対フェデラーではなく、ナダル対ゴンザレスでした。意外でしたね。

で調べてみると、なんどフェデラー、男子ダブルスに出場して優勝しているんですね(スタニスラス・ワウリンカと出場)。

フェデラーダブルス優勝

これは驚きました。

と同時に中継が見られないのがとても残念。フェデラーのダブルスなんて見たことがないので。

しかしナダルは強い!。全仏、全英、オリンピックと大舞台連勝中ですね。

全米が楽しみです。

北京オリンピック テニス結果

男子シングルス

金メダル(スペイン)
ラファエル・ナダル

銀メダル(チリ)
フェルナンド・ゴンサレス

銅メダル(セルビア)
ノバク・ジョコビッチ

女子シングルス
金メダル(ロシア)

エレーナ・デメンチェワ
銀メダル(ロシア)

ディナラ・サフィナ
銅メダル(ロシア)

ベラ・ズボナレワ


男子ダブルス 

金メダル(スイス)
ロジャー・フェデラー
スタニスラス・ワウリンカ

銀メダル(スウェーデン)
シーモン・アスペリン
トーマス・ヨハンソン

銅メダル(米国)
ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン

男女子ダブルス 

金メダル(米国)
セリーナ・ウィリアムズ
ビーナス・ウィリアムズ

銀メダル(スペイン)
アナベル・メディナガリゲス
ビルヒニア・ルアノパスクアル

銅メダル(中国)
晏 紫
鄭 潔
posted by テル at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

久しぶりのテニスの練習

08-07-27_17-35.jpg

半年ぶりぐらい(もっとかな?)にテニスをした。

1コートを5人で借りる。

最初は暑くて死にそうだったが、だんだん涼しくなって快適に。

で、レンタル時間をオーバーしてしまい、管理人さんに怒られてしまった。

久しぶりにいい運動でした。

posted by テル at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

イバノビッチ敗北

デシーとの厳しい試合のことを書いたと思ったら、昨日なんとイバノビッチ負けてしまいました。

世界ランク133位の鄭潔(中国)にアッサリ3回戦で負けてしまうとは、全仏で優勝したばかりの彼女にはつらいでしょうね。

でもインタビューでは、気丈に相手のプレーをほめるコメントしたりして若いのにすごい!ですね。

ランキング1位もつらいところです。

(そういえば、ナダルも厳しい試合が続いてますね)。
posted by テル at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ウインブルドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

イバノビッチ苦戦

ウインブルドンがはじまりました。

今回はwowowでも放送ということもあって放送時間が延びるので楽しさ倍増です。NHKはいつもどおり中継します。

今、イバノビッチの試合を見ています(録画ですが)。

なんとデシーにファーストセットを取られました。

そしてセカンドセットも、2度マッチポイントをとられ、苦しみながらやっとセットをとりました。

マッチポイントの一つが、なんとネット越しでイバノビッチが取るというキワキワの勝負です。

いま第3セット、デシーが1ブレイクしたところです。

さてランキングナンバーワンになったイバノビッチ、早くも厳しい試合になってきました。
posted by テル at 03:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ウインブルドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

全仏オープン、いよいよ男子準決勝です。

毎年楽しみにしている全仏オープンが、いよいよ明日、大会13日目男子の準決勝です。

フェデラーとモンフィス、ナダルとジョコビッチですが、順当にやはり決勝はフェデラーとナダルなんでしょうね。

ここまで、ナダルの強さが際立ってて、彼を倒すというのはちょっとイメージできないので、優勝はナダルということでしょう。

4回戦アルマグロとの試合を見たのですが、まるでレベルが違うという感じでした。クレーの強さは圧倒的です。

また以前のナダルより進化したテニスになっているようで、戦略が柔軟になっていると言われています。僕にはあまりよくわからないですが。

個人的には、ナダルの圧倒的な強さを見せ付けて欲しい感じがしています。

ゆれるように変化するボールでフェデラーを圧倒してほしいです。

あ、明日はジョコビッチ戦でした。

それにしても、いよいよ全仏も終わりか・・さびしい。
posted by テル at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

伊達公子で国内女子テニスが盛り上がる

伊達公子がカムバックしてからすっかり話題沸騰してますね。

復帰第1戦のカンガルーカップで、いきなりシングルス準優勝、ダブルス優勝という結果を残したのには驚きました。

そして、いろいろ方面で刺激を与えることとなっています。

テニス関係者はもちろんですが、一般の、今の40歳前後世代の活躍の象徴的な出来事として見られているようです。

ドラマにあやかって〇〇世代というそうですが、その世代の生活スタイルや活躍ぶりが注目されている中、彼女の過去の実績やプロドライバーとの結婚生活などがクローズアップされて、テニス復帰だけでないインパクトを世間に与えることとなています。本人も想像していなかったでしょうね。


もちろん現役の女子テニス選手たちにとっての刺激もあり、それは彼女らにとって、とても厳しい結果だったでしょう。ンガルーカップでが対戦した6人の日本人選手すべてに勝ってしまったのですから。

その中には、トッププロで、WTAツアーで活躍している中村藍子が含まれていたということですから。

「負けられない、という現役としての意地もあった」と試合後、中村藍子が言っていたように、精神的なプレッシャーが敗因の一つではあるでしょう。
彼女に負けた選手は厳しい経験となったでしょうが、トッププロはこういう経験をバネにして飛躍することが多いので逆に期待したいですね。

一方、同じダブルスを組んだ奈良くるみにとっては、大きな経験を得たことでしょう。

そんな伊達は福岡国際で、昨日7日、シングルス1回戦を勝ちました。ダブルスは6日敗退したようです(ペアは居美咲)。


そして本日2回戦はあのカンガルーカップで復帰初試合で対戦した藤原里華と対戦する。

藤原里華はリベンジなるでしょうか?

いずれにしても国内テニスがしばらく盛り上がることになるでしょうね。
posted by テル at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

バンガロール・オープン

日本では寒い毎日が続いていますが、テニスは暖かい場所でトーナメントが行われています。

バンガロール・オープンで中村藍子が2回戦で、パティ・シュナイダーに敗退して、日本女子勢が姿を消したというニュースが
流れているが、バンガロールってどこ?

調べてみるとインドのようだ。

BANGALORE.bmp

あたたかそうな所ですね。
posted by テル at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
小浦武志 今田信宏 アスタリフト 八田永子 藤城博
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。